THE THOR歴3年のブロガーが本気レビュー!良いところ・悪いところを本音で暴露します【当サイト限定特定あり】

どうも、有料テーマコレクターのMuneです。

私はWordpressの有料テーマが発売される必要性問わず買ってしまう自称テーマコレクターですが、数あるWordpressの有料テーマの中でも最近特に愛用しているのがFITさんの「THE THOR」です。

THE THORはこのMune blogでも採用している大人気の有料テーマで、気になっているブロガーの方はも多いのかなと思います。

ただネットでTHE THORの評判やレビューを調べると、アフィリエイト目的のブログがTHE THORの良いところばかりを書いてる記事ばかりで、正直うんざりなんですよーー!

中には購入すらしていないエアレビューを行うブログも蔓延しており、正直THE THORについて真面目に書かれたレビューって少ないなと感じています。

だからこそこの記事では、誰よりもTHE THORを使い倒していると自負する自分が、「THE THORの良いところ・悪いところを包み隠さず本音レビュー」していきたいと思います。

当サイト限定の購入特典“もご用意していますので、ぜひぜひ最後までご覧あれ!

この記事の概要

THE THOR歴3年の著者が良いところ・悪いところを本音でレビュー

この記事をおすすめしたい人

  • THE THORを購入しようか検討している人
  • THE THORの良いところ・悪いところを知りたい人
  • THE THORの特徴について知りたい人

WordPressテーマ「THE THOR」の基本情報

THE THORの基本情報をまとめると以下の表のとおりです。

テーマ名

THE THOR (ザ・トール)

運営会社フィット株式会社
価格(税込)16,280円
複数サイト利用
デザイン

デモサイト1/デモサイト2/デモサイト3

WordPressテーマ「THE THOR」の特徴

THE THORは2018年に発売されてから今に至るまで多くの人に利用されている大人気のテーマです。

発売しても目立つことなく消えていくテーマも多い中、長年愛される商品にはそれだけの理由があり、THE THORもけしてその例外ではありません。

そこでこの章では、THE THORの機能・魅力・特徴についてご紹介させていただきます。(レビュー内容が気になるという方は、次の章まで飛ばしていただいて結構です。)

THE THORの公式サイトで54の特徴として紹介されているのが、こちらの内容になります。

  • 圧倒的にSEOに強く上位表示されやすい
  • 国内最高準のサイト速度
  • 一流SEOコンサルタントのノウハウが凝縮
  • エラーのない最新コーティング
  • 構造化マークアップに対応
  • 革新的技術「PWA」を標準装備
  • 高速表示される「AMP」を標準装備
  • Gzip 圧縮とブラウザキャッシュを簡単設定
  • 記事の分析に役立つ「見えるかシステム」を採用
  • 記事毎にtitle・meta description・meta robotの設定が可能
  • カテゴリー・タグアーカイブページのSEO対策機能
  • アフィリエイトに便利な「タグ管理機能」
  • ユーザーの視線に飛び込むCTAエリアの採用
  • 広告をワンクリックで設置可能
  • アフィリエイトに便利なランキング作成機能
  • カテゴリ・タグアーカイブページのコンテンツ化・収益化が可能
  • LP(ランディングページ)用テンプレートを標準装備
  • デザイン着せ替え機能で簡単にイメージチェンジ
  • オリジナルデザインのサイトが簡単に作れる
  • 100%レスポンシブデザイン
  • スマホユーザーに優しいモバイルファースト設計
  • 美しく洗練されたメイン画像が訪問者の心を鷲摑み
  • カラー変更やレイアウト変更も自由自在
  • デザイン初心者が作成してもバランスが崩れない
  • 管理画面上からアイキャッチ画像を加工可能
  • 見出しは53種類×無限に選べる配色パターン
  • 498種類のアイコンを標準装備
  • 記事更新を楽にする12種類のショートコード
  • 豊富なマーカー・ボックス・ボタン・ラベル
  • 豊富な口コミ・レビュー・会話風吹出し
  • 記事上でカラムレイアウトを自由自在にアレンジ可能
  • スマートエディターで記事作成が自由自在
  • サイトマップをワンクリックで自動生成
  • 「スマート検索機能」で大規模メディア・ポータルサイト構築
  • プラグインなしで記事に目次を挿入
  • お問い合わせフォームを標準搭載
  • スマホ専用固定フッターを標準装備
  • 豊富なオリジナルウィジェット
  • サイトタイトルのセパレーターを自由に変更可能
  • 会員限定コンテンツページの作成が可能
  • 一度購入したら、ずっと使い続けられる
  • 安心のサポート&アフターフォロー体制
  • 1ライセンスで複数サイトの利用が可能

有料テーマに書かれている機能とか特徴って多くても10個ぐらいのイメージですが、THE THORは読むのも疲れる驚きの54個(笑)

とにかく数を集めましたという感じではなく、1つ1つがしっかりとセリングポイントになっている点も凄いなと思います。

それぞれの詳しい解説については、公式サイトの「THE THORの54の機能・特徴」をご覧ください。

THE THORの本音レビュー

THE THORが発売されたのが2018年10月なので、発売日に購入してから約3年間色々なブログでTHE THORを使ってきたことになります。

ここからは発売当初から使い続けている自分だからこそお届けできる、THE THORの本音レビューを書いていきたいと思います。

本音レビューとあるように良いところだけではなく悪いところも包み隠さず書いていますので、購入の背中を押して欲しいという方は閲覧注意です(笑)

THE THORのここが良い

上記でご紹介したようにTHE THORは機能も豊富で魅力的な特徴のあるテーマですが、ブログで生計をたてている私がTHE THORの良いと感じるポイントは以下の点になります。

  • 着せ替え機能で初心者でもデザインを簡単変更
  • 豊富な見出し・ラベル・ボタンを標準装備
  • 吹き出しなど豊富なプリセットパーツを標準装備
  • プラグインは必要最低限で十分
  • 見える化システムが地味に便利
  • 売れているからこそ大抵のことは調べると出てくる
  • 会員フォーラムで質問すると回答してもらえる
  • 頻繁に細かいアップデートを実施している
  • 個人ではなく企業が運営するWordpressテーマ

では、それぞれ詳しく解説していきます。

着せ替え機能で初心者でもデザインを簡単変更

THE THORではデザインについても細かなカスタマイズが可能で、設定次第では初期デザインとは大きく異なる見た目にすることも可能です。

設定自体も用意されている選択肢から選ぶだけなので、CSSなどの専門知識がなくてもデザインをカスタマイズすることが可能です。

さらに個人的にTHE THORの大きな魅力なのが、プロが用意したデザイン設定を簡単に設定することができる「着せ替え機能」です。

THE THORにはプロのWEBデザイナーが作成した9つのデモサイトが用意されています。

THE THORに搭載されている「着せ替え機能」を使うことで、デモサイトと同じデザインのブログを簡単に設定することができちゃいます。

 
Mune
デモサイトについては下記のリンクから確認することができるので、お気に入りのデザインがあるかを確認してみてください。

豊富な見出し・ラベル・ボタンを標準装備

THE THORには色んな種類の見出し・ラベル・ボタンが最初から用意されているため、わざわざCSSでカスタマイズする必要がありません。

大量すぎるほど豊富なデザインが最初から準備されているため、拘りが強い方でも1つぐらいはお気に入りのデザインが見つかるはずです(笑)

見出しデザインは53種類

ボタンは10種類

ラベルは10種類

ボックスは10種類

もちろんそれぞれの配色は自由に変更することができるので、デザイン×カラーの組み合わせは無限大レベルです(笑)

上記以外にも500近いアイコンも標準で用意されていますし、SNSのシェアボタンも11種類のタイプから選ぶことが可能です。

吹き出しなど豊富なプリセットパーツを標準装備

THE THORには吹き出し・レビューボックス・口コミボックスなどのパーツも標準搭載しているので、プラグインの追加やCSSのカスタマイズなしで簡単に導入することができます。

<吹き出し>

Mune
吹き出しもワンクリックで簡単に挿入することができます!

<レビューボックス>

レビューボックス
 
Muneさん

評価: 5.0このエリアにレビュー本文を記入します。

<口コミボックス>

口コミボックス

東京都:山田 花子(20歳・女性)
このエリアに口コミ本文を記入します。


東京都:山田 花子(20歳・女性)
このエリアに口コミ本文を記入します。

まだまだ上記のようなパーツが標準装備されていない有料テーマも多いですが、THE THORではボタン1つで簡単に記事に挿入することができちゃいます。

プラグインが必要最低限に減らせる

THE THORでは多くの機能が標準機能として用意されているため、他のテーマからTHE THORにするだけでWordpressのプラグイン数を大幅に減らすことができます。

もちろんどんなプラグインを使っていたかは人によって違いますが、例えば私の場合は以下のようなプラグインが不要になり削除することできました。

  • 目次用の「Table of Contents Plus
  • SEO用の「Yoast SEO
  • シェアボタン用の「AddtoAny share Buttons
  • キャッシュ用の「WP Fastest Cash
  • お問い合わせ用の「Contuct Form7
  • サイトマップ用の「PS Auto Sitemap

プラグインの数が増えるとサイトの表示スピードにも悪影響を与えるので、デフォルト機能の豊富さによってプラグインの数を減らせるのはTHE THORの大きな魅力だと思います。

見える化システムがかなり便利

THE THORにはSEO対策に必要な情報を記事毎に確認することができる、「見える化システム」という分析ツールが標準装備されています。

「見える化システム」で確認できる項目は、SEO対策においては不可欠な以下の要素になります。

  • 総合閲覧数
  • 平均閲覧数
  • タイトル文字数
  • 本文文字数
  • タイトル内キーワード数
  • 本文内キーワード数
  • 内部リンク数
  • 外部発リンク数

通常であれば上記のような情報を取得するには高度なツールやプラグインを必要としますが、THR THORでは記事一覧から簡単に確認することができます

売れているからこそ大抵の情報はある

WordPressの有料テーマを選ぶ上で重要なのが、ネット上にそのテーマについての情報がどれぐらい豊富にあるかどうかです。

どんなテーマでも使っていると不明点が出てくるものですが、マイナーなテーマだとネットで調べても解決策が書かれた記事が見つからないんですよね。

それに対してTHE THORは発売から3年がたち多くのユーザーが愛用しているWordpressのテーマなので、ネット上にはTHE THORについて書かれた記事がありすぎるほどあります。

設定方法やカスタマイズなど多くのブロガーさんがTHE THORについてご紹介しているので、大抵の悩み事はネットで調べれば解決できるのも売れているTHE THORならではの魅力でしょう。

会員フォーラムで質問すると回答してもらえる

THE THORには購入者だけが利用できる会員フォーラムが用意されています。

会員フォーラムではTHE THORについて疑問や意見交換が行われており、売れているテーマということもあってそこそこ活発です。

私も何度が利用したことがありますが、質問すると誰かしらから返答をいただくことが可能です。

有料テーマの中には過疎っていて質問しても回答がない会員フォーラムもあるので、人の集まる会員フォーラムもTHE THORの魅力の1つでしょう。

頻繁に細かいアップデートを実施している

THE THORは小さなものから大きなものまで、アップデートを頻繁に実施している点も非常に評価が高いポイントです。

THE THORの直近のアップデート履歴は以下の通りで、発売から3年がたっても2~3ヶ月に1回はしっかりとアップデートを提供してくれています。

  • ver2.3.2:2021年6月11日
  • ver2.3.1:2021年4月23日
  • ver2.3.0:2021年3月26日
  • ver2.2.2:2020年11月3日
  • ver2.2.1:2020年9月22日
  • ver2.2.0:2020年6月2日

WordPressの仕様変更にも対応しない不親切な有料テーマもありますが、THE THORはさすが企業が提供する有料テーマだけはありますね。

個人ではなく企業が運営するWordpressテーマ

WordPressのテーマを選ぶ上で個人的にめちゃくちゃ重視しているのが、個人ではなく企業が提供するWordpressテーマかどうかです。

個人が開発するテーマでも素晴らしいものはたくさんありますが、”継続的にサービスを提供できるかどうか“という視点で言うと個人よりも企業の方が信頼できるはずです。

もちろん企業でもサービスを急に停止する可能性もありますし、サポートも適当で信頼できない企業もたくさんありますけどね。某〇〇〇さんとか!!

ただ少なくともTHE THORを運営するフィット株式会社さんについては、THE THORをロングセラー商品として大切に育てているのが伝わる、信頼できる企業だと思っています。

THE THORのここが悪い

THE THORは上記でご紹介したように素晴らしいWordpressのテーマですが、ぶっちゃけた話をすると不満な点もたくさんあります。

私自身が拘りが強いのもありますが、THE THORについてイマイチに感じるポイントが以下の点になります。

  • 高機能だからこそ設定に慣れが必要
  • マニュアルが簡素
  • テーマのデータを紛失すると有料対応

では、それぞれ解説していきます。

高機能だからこそ設定画面が複雑

THE THORはご紹介したように多くの機能を搭載するテーマなので、高機能故ゆえに設定画面が複雑で使うのに慣れが必要です。

THE THORの設定は主にWordpressのカスタマイザーで行いますが、”設定項目が多く階層も複雑なのでどこにどの項目があるのかが非常に分かりづらい“のです。

ただマニュアルもあるし大半の情報はネットで調べれば手に入るので、問題が解決しないってことはないです。あくまで設定の項目が多すぎて分かりづらいだけですね。

マニュアルが簡素

THE THORには購入者専用のマニュアルサイトが用意されていますが、このマニュアルサイトがかなりシンプルで簡素です。

説明が分かりづらいという訳ではないのですが、載っている情報は必要最低限という感じで正直若干の物足りなさはありますね。

ただTHE THORの良いところでもご紹介したように、売れていて利用者が多いからこそネットで調べれば大抵の情報は誰かが解説してくれています。

そのためマニュアルサイトは確かに分かりづらいですが、初心者の方でも実際に困ることはほとんどないかなと思います。

テーマのデータを紛失すると有料対応

THE THORはテーマファイルのインストール期限が決まっており、有効期限をすぎるとテーマファイルのインストールができなくなってしまいます。。

さらに、有効期限が切れた後にデータファイルを紛失してしまうと、再度インストールするには有料での対応になってしまいます。

もちろん紛失する方が悪いと言われたらそれまでですが、会員IDもあれば購入履歴もあるんだから特別対応ぐらいはして欲しいなーーーっと思います・・・。

THE THORの評判について

さてさて、上記ではTHR THORのレビューということで、私自身が実際に使っていて感じるTHE THORの良いところ・悪いところをご紹介しました。

ここからはTHE THORの評判ということで、THE THORの口コミについてご紹介していきます。

THE THORの良い評判

まずはTHE THORの良い評判をご紹介していきます

THE THORの良い口コミ

THE THORはオシャレでデザイン
まったり趣味サイト作ってるけどWordPressテーマ「The Thor」買って良かったー。デザイン何もしなくてもそれっぽく見える有り難さ…!そして使いやすい!


THE THORでプラグインが不要に
ザ・トールみましたが、プラグインが全然いらないって素敵ですね〜!


THE THORは複数サイトに使える
wordpressのテーマは「THE THOR」を使う予定。複数サイトに使える有料テンプレートだから良いよね。


THE THORはSEOに強い

むー。かなり検索結果が下がっていて、10ページ以降に飛ばされていたのに、今回いきなりトップページとか・・・。これ、トールがすごいんだよって宣伝になる?(w


プリセットパーツの挿入が簡単
見出しデザインが53種類。アイコンが498種類。吹き出しや口コミパーツもお手軽に挿入できる。適当にいじって遊んでいるだけで、あっという間に時間が経っちゃいます。

THE THORの悪い評判

続いてTHE THORの悪い評判をご紹介していきます。

THE THORの悪い口コミ

THE THORはマニュアルが分かりづらい
the thor はいい仕組みなのにマニュアルはかなり手抜きで最悪に使いにくい


THE THORは使いこなせない
私のはTHE THOR(ザ トール)ってテーマなんだけど、正直初心者には使いづらい…。使いこなせてないからそう思うのかな


THE THORはモバイルの表示スピードが遅い
「The Thor」 がJINより早いと聞いてThe thor適用してるサイトの表示速度を調べたけど、JINより遅かった。AMP対応していない場合は何を使っても遅いという結論に至った。残念

THE THORについてよくある質問

ここではTHE THORについてよくある質問をご紹介します。

ここにあるQ&A以外で気になることがあれば、遠慮なくコメント欄に質問していただけたらと思います。

THE THORは複数サイトで使える?
作成可能数に上限はありません。1度テーマを購入すると何サイトでも作成可能です。
商用利用は可能?
商用利用可能です
THE THORの利用を禁止されるサイトジャンルはある?
ジャンル制限はありません
マニュアルは用意されている?
マニュアルサイトや会員フォーラムが用意されています。
バージョンアップは無料?
一度購入するとアップデートも無料です。機能が追加されるバージョンアップでも無料でアップデートできます。

当サイト限定の THE THORの購入特典

さて、ここからはTHE THORの当サイト限定の購入特典をご紹介させていただきます。

当サイト経由でTHE THORを購入していただいた方には、2,980円で発売する「【高速化】THE THORのAMPサイトでモバイル90点を実現する〇秘施策」という有料NOTEをプレゼントさせていただきます。

THE THORは表示スピードが高速のテーマとしても有名ですが、何も知らずTHE THORを使うと理想と現実のギャップに愕然とするはずです。

THE THORのAMPを使っているいくつかのブログを、表示スピードをスコア化できる”Page Speed Insight”で調べてみた結果がこちらです。

Mune
禁断のタブーに触れていきます!笑

【ブログA】モバイル:53/PC:90

【ブログB】モバイル:37/PC:60

【ブログC】モバイル:49/PC:76

ご覧の通りお世辞にも高速とは言えないスコアばっかりですね。特にモバイルのスコアはかなり低いです。

誤解なきように言っておきますが、THE THOR自体はけして表示スピードが遅いテーマではありません。実際にTHE THORのデモサイトの表示スピードを調べてみると、モバイルでも88と高スコアになっています。

ただし、デモサイトのページスピードが高スコアなのは広告やコンテンツ量も少ないからであって、アドセンスや文字数も多い一般のブログになるとどうしてもページスピードは遅くなりスコアは低くなってしまいます。

しかし、私が運営するTHE THORのサイトでは様々な施策によって、アドセンスを複数貼っていても「モバイル:94/PC:100」という高スコアを獲得しています。

Googleが重視するページエクスペリエンスの評価についても、全て「良好」の状態となっています。

今回THE THORの特典としてプレゼントする有料Noteでは、上記スコアを実現するTHE THORのAMPサイトを高速化する設定・施策を詳しく解説しています。

有料Noteに書かれている内容は、はっきり言って”どのサイトを調べても載っていない〇秘の情報“が含まれます。

私自身もTHE THORのページスピードを改善しようとネット上にある様々な方法を試しましたが、ネット上にある情報だけだとモバイルのスコアが60点台までが限界でしたからね。

そもそもTHE THORを高速化する方法はネット上にもたくさん載っていますが、AMPサイトの高速化については専門的な知識がいるのもあって情報はまだまだ少ないのです。

ページスピードはGoogleが非常に大切にする指標の1つなので、この特典を手にするとしないとでは同じTHE THORユーザーでも周りと大きな差をつけることができるはずです。

※特典を正しく受け取るには、THE THORの購入画面で「Mune blog限定特典」の記載があることを確認してから購入ください

thethor特典

最後に

今回の記事では、WordPressの有料テーマ「THE THOR」のレビュー・評判として良いところ・悪いところを本音でご紹介させていただきました。

メリットだけではなくデメリットも包み隠さずご紹介しましたが、総論を言うとTHE THORはおすすめの有料テーマだと思います。

THE THOR以外にもたくさんの有料テーマを現在進行形で使っていますが、なんだかんだメインのブログはTHE THORを使っています。

もちろんWordpressのテーマは用途や好みでも評価は変わると思いますが、ブログで稼ぎたいと考えている方には初心者・経験者問わずおすすめのテーマだと思いますよ。