Google AdSense(アドセンス)で絶対に覚えておくべき用語集まとめ!CTR・CPC・CPM・PRMなど分かりやすく解説します!

Googleアドセンスの用語集

どうも、@NewsBank7です。

Googleアドセンスを使っているブログ運営者は多いですが、アドセンスのデータを見ながら検証して改善している方は非常に少ないです。

アドセンスの管理画面では詳細なレポートを確認することが出来ますが、初心者の方には小難しい用語も多く理解できていない方も多いでしょう。

そこでここではGoogle AdSenseの用語集として、アドセンスを使うなら最低限覚えておきたい用語を解説していいきたいと思います。

アドセンスで覚えておくべき用語集

ここで紹介する用語はほんの一部にすぎませんが、アドセンスのレポートを見るのにも役立つので最低限覚えておきましょう。

では1つずつ解説していきます。

見積もり収益額とは

見積もり収益額とは文字通り未確定の収益額の合計です。収益額が確定するのは各月の月末になります。基本的には見積もり収益額と確定収益額は若干下がるぐらいで大差はありません。

ページビュー数(PV)とは

ページジュー(PV)とは一般的にブログの閲回数の合計ですが、アドセンス上のページジューとは「アドセンスが表示されているページの閲覧回数の合計」を意味します。

例えばアドセンスが表示される記事を3つ読むと、アドセンス上のページジューは3PVとなります。

表示回数とは

表示回数とはページジューとは違い、広告が表示された回数の合計になります。1ページに3つのアドセンスを表示している場合は、広告の表示回数は3回です。

また縦長の広告の場合は表示回数2回カウントされたりもするので、広告のタイプによって表示回数のカウントが異なる点も理解しておきましょう。

クリック数とは

クリック数とは文字通り、アドセンスがクリックされた回数になります。

クリック率(CTR)とは

クリック率(CTR)とは、表示された広告のうち実際に広告がクリックされた割合を意味します。

クリック率(CTR)
クリック率(CTR)=クリック数÷広告の表示回数

ページCTRとは

ページのCTRとは、ページジュー数のうち実際に広告がクリックされた割合を意味します。

ページのCTR
ページのCTR=クリック数÷ページジュー

広告のインプレッション収益(PRM)とは

広告のインプレッション収益(PRM)とは、広告表示回数1,000回あたりの平均収益を意味します。

例えば広告が2000回表示されて見積もり収益が100円の場合、「(100÷2000)×1000=50」となります。

広告のインプレッション収益(PRM)
広告のインプレッション収益=(見積もり収益額÷広告の表示回数)×1000

ページのインプレッション収益(PRM)とは

ページのインプレッション収益(PRM)とは、1,000PVあたりの平均収益を意味します。

ページのインプレッション収益(PRM)
ページのインプレッション収益=(見積もり収益額÷ページビュー)×1000

例えば100PVで見積もり収益が50円の場合、「(50÷100)×1000=500」となります。

クリック単価(CPC)とは

クリック単価(CPC)とは、アドセンス広告の1クリックあたりの平均収益になります。

クリック単価は表示される広告や時期によっても異なりますが、こちらの「アドセンスの単価(CPC)を上げる方法!平均単価を上げる4つのポイントを教えます。」で単価を上げる方法を解説しています。

アドセンスの単価(CPC)を上げる方法!平均単価を上げる4つのポイントを教えます。

2014.10.28

インプレッション単価(CPM)とは

CPMとは広告表示1,000回あたりのインプレッション単価を意味します。

一般的にアドセンスはクリックされて初めて収益になる広告ですが、実は広告が表示されるだけで収益になるインプレッション広告も存在します。

このインプレッション広告の表示が1,000回あたりの単価が、CPMの数値になっています。

ちなみにインプレッション広告についてはこちらで表示を指定することは出来ず、どれぐらいの頻度で表示されるかはGoogle次第となっています。

エンゲージメント広告とは

インプレッション広告と似たようなアドセンス広告に、エンゲージメント広告というタイプのアドセンスがあります。

これは表示された広告にカーソルを2秒以上合わせることで収益になるタイプの広告で、このエンゲージメント広告で発生した収益の単価をエンゲージメント単価と言います。

カバレッジ(一致率)とは

カバレッジとは一致率とも言って、広告のリクエスト回数あたりの広告の表示率を意味します。

例えば1ページに3つのアドセンスを貼っている場合は、広告のリクエスト数は3回になります。それに対して3つ全てのアドセンスが表示されるとカバレッジは100%で、2回しか表示されないと66.6%です。

一般的にアドセンスの広告が表示されないのはページに関連する広告がない場合なので、カバレッジ(一致率)が90%を切ると関連する広告が表示されていないサイトと言えるでしょう。

最後に

アドセンスに関する用語はここで紹介した以外にもたくさんありますが、最低限ここに書いた用語は覚えておくと今後のアドセンスライフに活かせるはずです。

以上、「Googleアドセンスで最低限覚えておくべき用語集」でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

いいね!と思ったらシェアしてね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。