アドセンスの広告掲載率を下げて収益アップ?量より質を重視した結果を公開!

どうも、@NewsBank7です。

意外すぎて知らない方も多いと思うが、Googleはアドセンス収益を向上ささる改善策として、「アドセンスの掲載率を下げる」ことを推奨しています。

アドセンスの「最適化」で収益が倍増!?Googleからの改善アドバイスでアドセンスを最適化しよう!

2018.02.04

Google曰く、アドセンスの掲載率を下げることで質の高い広告が表示され、結果として以下のようなメリットがあるとのことです。

掲載率を下げるメリット
  • ユーザーエクスペリエンスの向上
  • サイトの読み込み時間が短くなる
  • アクセスが増える
  • 滞在時間が長くなる

普通に考えるとアドセンスの表示回数を減らせば、アドセンスの収益も自然と下がりそうですが・・・。

せっかくなのでここでは嘘か真か、「アドセンスの掲載率を減らして収益を改善する方法」について、実際に掲載率を下げてみた結果も含め詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

掲載率を下げることで質の高い広告が表示される

アドセンスの表示を減らすとなると、普通に考えるとアドセンスの収益も下がるはずです。

ただしGoogleはアドセンスの掲載率を下げることに関して、以下のように記述しています。

広告掲載による収益の多くは、実際には比較的少数の広告インプレッションから生じていることが一般的です。特に収益性が高い広告だけに絞って表示することで、収益への影響を最小限に抑えつつ、サイトのユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。

アドセンス公式ヘルプ

要は「アドセンスの掲載率を下げても質の高い広告が表示されるため、結果として収益はマイナスにはならない」とのことです。

うーーーん、信じられない(;´∀`)

アドセンスの掲載率を変更する方法

では、アドセンスの掲載率を変更する方法を解説していきます。

まず、アドセンスの管理画面から「広告の設定」→「広告掲載率」をクリックします。

すると掲載率を変更する画面に移ります。「広告掲載率」のスライダーを左右に動かすことで、広告をどの程度表示させるかを調整することが可能です。

広告の掲載率に対するアドセンス収益の推移予測も確認でき、この数字を信じると掲載率が83%までは収益は変わらないとのことです。

アドセンスの掲載率をテストで検証する

アドセンスの掲載率を83%まで下げても収益は変わらないとのことだが、だからと言って素直に信じて掲載率を下げるのも危険です。

そこでいきなり掲載率を下げるのではなく、まずはアドセンスのテスト機能使って本当に効果があるかを検証するといいでしょう。

先程の画面から「テストを設定」を設定することで、掲載率を下げたときの効果測定をしてくれます。

ちなみにアドセンスのテスト機能については、こちらの「アドセンスの『テスト』機能の使い方と活用法を解説!こんな便利な機能を知らないだと・・・!!」で詳しく解説しています。こちらも合わせて読んでいただけたらと思います。

アドセンスの『テスト』機能の使い方と活用法を解説!こんな便利な機能を知らないだと・・・!!

2018.02.03

アドセンスの掲載率を85%まで下げた結果

実際にアドセンスの掲載率を85%まで下げて検証してみたところ、結果としてはこのようになりました。

具体的な数字はアドセンスの規約上公開できないのですが、Googleが言うように掲載率を下げた方が僅かですが収益がアップする結果になりました。

ただ今回はたまたま掲載率を下げることが結果として正解でしたが、ブログやサイトによっては結果が違うこともあるはずです。

必ずテスト機能を使って、しっかりと検証してから変更するようにしてくださいね。

以上、「アドセンスの掲載率を下げて収益を改善する方法」でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

いいね!と思ったらシェアしてね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。