【WordPress】パソコンとスマホで別々のアドセンスを表示させるwp_is_mobileの使い方

wp_is_mobileの使い方

どうも、@NewsBank7です。

レスポンシブデザインを採用しているWordpressテーマで、パソコン表示とスマホ表示で別々のアドセンスを表示させる方法を紹介していきます。

レスポンシブデザインを使っている場合、そのままアドセンスをはるとパソコンサイトとスマホサイトで同じアドセンスコードが表示されてしまいます。

それでも問題ないのであれば別にいいのですが、パソコンでは大きなサイズの338×280のアドセンスを使いたかったり、ダブルレクタングルにするなど、スマホとは違ったサイズのアドセンスを使いたい場合もあるでしょう。

アドセンスを横に2つ並べて表示する方法。ダブルレクタングルで収益アップだ!

2014.10.29

そこでレスポンシブデザインでもパソコンとスマホで別々のアドセンス表示させることができる、Wordpressの独自関数である「wp_is_mobile」の使い方をご紹介していきます。 

スポンサードリンク

覚えておきたいwp_is_mobileの3パターン

ここでは「wp_is_mobile」を使った非常に便利な3パターンをご紹介したいと思います。

(1)スマホ表示でのみアドセンスを表示したい場合

<?php if (wp_is_mobile()) :?>
アドセンスコード
<?php endif; ?>

(2)パソコン表示でのみアドセンスを表示したい場合

<?php if (!wp_is_mobile()) :?>
アドセンスコード
<?php endif; ?>

(3)パソコン表示とスマホ表示で別のアドセンスを表示する場合

<?php if (wp_is_mobile()) :?>
アドセンスコード(スマホ)
<?php else: ?>
アドセンスコード(パソコン)
<?php endif; ?>

最後に

wp_is_mobile」はWordpress独自のものですが非常に便利な関数です。

この記事ではアドセンスを例に説明しましたが、アドセンス以外のコンテンツでも応用して使うことが出来ます。

WordPressでブログを運営している方は、ぜひ記事内で紹介した3つのパターンは覚えておきましょう!!

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

いいね!と思ったらシェアしてね♪

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • アドセンスコード(スマホ)

    アドセンスコード(パソコン)

    の下にmoreタグを入れると崩れてしまうのですが、どのように修正すればよろしいでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。