【2018年版】Googleアドセンスに申請からその後の手続き方法を図解で世界一わかりやすく解説

adsenseの審査が送られてこない場合の対処法

どうも、@NewsBank7です。

ブログを収益化するのに最も簡単で効果的なGoogleアドセンスという広告配信サービスだが、実は登録すれば誰でも使えるというわけではありません。

Googleアドセンスを使うためには、Googleが行うアドセンスの審査に合格する必要があり、合格して始めてブログにアドセンスを貼ることができ、さらに報酬を得ることができるのです。

ここではこれからアドセンスを始める方に向けて、Googleアドセンスの審査に申請する方法を図解で分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

Googleアドセンスに申請するブログを準備する

アドセンスに申請するための最初の準備として、まず審査に申請するためのブログを作らなくてはいけません。

テキトーに無料ブログを作って申請すれば受かるものではなく、しっかりとアドセンスの広告を載せるだけの価値あるブログを作らなくてはいけません。

アドセンスの審査に合格するためのポイントは、こちらの「【2018年最新】Googleアドセンスの審査に合格する10の方法。このブログで落ちるならアドセンスは諦めろ!」で詳しく解説しています。まだブログを作っていない方は、まずはこちらの記事で審査に合格するブログを作ることから始めましょう。

【2018年最新】Googleアドセンスの審査に合格する10の方法。このブログで落ちるならアドセンスは諦めろ!

2018.01.03

Googleアドセンスの審査への申請手順

Googleアドセンスの審査に申請するブログが作れた方は、早速Googleアドセンスの審査に申請していきましょう。

まずこちらのアドセンスのサイトにアクセスします→Googleアドセンスに申し込む

お申込みはこちら」を選択します

するとGoogleアカウントでのログインが求められるので、お手持ちのアカウントでログインしてください。

Googleアカウントを持っていない方は、まずはこちらからアカウントを作成しておきましょう。→Googleのアカウント作成

ちなみに既にGoogleのアカウントを持っている方も、ブログ専用の新規アカウントを作ってそれを使う方が後々良いかと思います。

Googleアカウントでのログインが完了すると、続いて申請するブログのURLを記入します。ここでURLが間違っていると審査が行われないので、必ず間違いのないよう記入してください。

URLの記入後は国・地域を選び、同意事項にチェックを入れ「アカウントを作成」を選択します。

続いて個人情報を入力していきます。

アカウントの種類については「個人」と「ビジネス」の2タイプあります。法人名義での申込みの場合はビジネスを選択してください。

続いてアカウントの確認を行います。先ほど記入した電話番号宛に確認コードが送られてくるので、メールか電話のどちらかを選び送信を選択してください。ここではメールを選択します。

するとGoogleから入力した電話番号宛に確認コードが記載されたメールが届きます。この確認コードを入力画面にコピペして送信を押してください。

すると申請に必要なコードが表示されるので、申請するブログの<head>~</head>にコードを挿入します。

ちなみにWordPressの場合はテーマによって違いますが、多くは「外観」→「テーマ編集」にあるheader.php内にheadタグはあるはずです。

以上の設定でアドセンスの審査申請は完了です。

以前は審査は3日以内に返事すると書いてましたが、現在は「審査には通常3日程度かかりますが、場合によってはそれ以上かかることがあります。」と書いてあるように、かなり時間がかかる場合もあるようです。

アドセンスの審査が遅く返事がこない場合の対処法を、こちらの「アドセンスの審査結果が送られてこない!どれぐらい待つべき?催促する方法や対処法まとめ」で解説しています。良ければ合わせてどうぞ。

アドセンスの審査結果が送られてこない!どれぐらい待つべき?催促する方法や対処法まとめ

2018.01.06

アドセンスの審査に落ちた場合

アドセンスの審査は非常に厳しいので普通に落ちることはありますが、落ちても再申請することが可能です。

メールにはざっくりですが不合格の理由も書いているので、その情報を参考に自分のサイトを見直しましょう。

アドセンス不合格

アドセンスの審査に受かるブログの作り方については、こちらの「【2018年最新】Googleアドセンスの審査に合格する10の方法。このブログで落ちるならアドセンスは諦めろ!」で詳しく解説しています。こちらも参考にしながら修正してみてください。

【2018年最新】Googleアドセンスの審査に合格する10の方法。このブログで落ちるならアドセンスは諦めろ!

2018.01.03

ちなみにアドセンスの審査に再申請する場合は、2週間以上空けて申請しないと自動的に落ちると言われています。本当かどうかは不明ですが、不安な方は2週間空けて申請するといいでしょう。

アドセンスの審査に合格後の手続き

見事アドセンスの審査に合格すると、晴れてアドセンスの広告をブログに貼ることが出来るようになります。

ただ審査合格後も面倒な手続きがあるので、1つずつ解説していきます。

アドセンス合格後の手続き一覧
  1. PINコード(住所)の確認
  2. 支払い方法の設定
  3. デポジット入金の確認

ちなみに上記のアドセンスの収益が1000円を越えて初めて必要になる手続きなので、まずは1000円到達を目指して頑張りましょう。

PINコード(住所)を入力する

アドセンスの収益が1,000円を越えると、Googleから支払い手続きに向けて住所確認のためにPINコードと呼ばれる個人識別番号が郵送で送られてきます。

アカウントのセキュリティを確保する目的から、お支払いの前に住所を確認させていただくため、お支払い先の住所に個人識別番号(PIN)を郵送し、届いた PIN をアカウントに入力していただく必要があります。

送られてくる郵送物はこのような白い薄い封筒ですので、家族に捨てられないようにご注意ください笑

アドセンスの管理画面にログインすると画面上部に「お客様の住所の確認が完了していないため、お客様のお支払いは現在保留中となっています。」とメッセージがあるので、「操作」を選択してください。

続いて先程の白い封筒内に書かれているPINコードを、PINコード入力画面に打ち込みます。ちなみに3回間違えるとアウトなので、入力する際は慎重に行ってください。

以上で住所確認の設定は完了です。

アドセンスの支払い方法を設定する

PINコードの確認を終えた後は、アドセンスの管理画面の「設定」→「お支払い」から振込先の銀行口座の情報を追加していきます。

必要事項を記入して「保存」を選択すれば完了です。

デポジットの入金を確認する

口座情報を登録すると、登録した口座に1ドル程度の少額を3日以内に入金するとのメッセージが表示されます。

アドセンスデポジット

銀行口座を確認するためには、Googleから入金されたデポジットの額を正確に入力する必要があります。正しい金額を入力すると銀行口座の確認は完了です。

アドセンスのデポジットが入金されない場合

銀行口座の情報を登録すると通常営業日3日以内に入金されるが、場合によってはアドセンスからのデポジットが入金がされない事も多いようです。

10営業日を過ぎてもデポジットが入金されない場合は、入力した銀行口座の情報に誤りがあった可能性があります。この場合は、次の手順を行うことをおすすめします。

10営業日以上待ってもデポジットが入金されない場合は、Googleのヘルプに書かれた以下の対処法を試してみてください。

デポジットが入金されない場合の対処法
  1. 銀行口座の情報が正しいかを確認
  2. 登録した現在の支払い情報を削除
  3. 再度銀行口座の情報を入力

上記の手順で再度銀行口座を登録し、デポジットが入金されるのを待っておきましょう。

最後に

以上でGoogleアドセンスの審査から関連手続きは全て完了です。

Googleアドセンスの支払いは8,000円を越えた月に振り込まれますので、まずは8,000円を目指してブログ運営を頑張ってみましょう。

初めてアドセンスから入金されたときの嬉しさは相当ですよー( ´∀`)

以上、Googleアドセンスの審査手順の解説でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

いいね!と思ったらシェアしてね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。